Browse Category

大腸がんと腸内環境

大腸がんは腸内環境とも大きく関わっている可能性

大腸がんは、大腸内にがん細胞が出来てしまい、ポリープが巨大化したような状態となったものです。初期症状がほとんど見られないのですが、便の様子がおかしくなったり、明らかに腸内出血が増えるようになり、おかしいと感じることが増えてきます。便を出しても出しきれないような気分も増えて、明らかに違和感を感じます。

がん細胞ですから、当然悪化すると他の部分にも影響が出てきて、転移が起こります。大腸がんから他の部分に転移して、全ての臓器が不全となって亡くなるケースも多くなっています。現代の死亡原因の中で、かなり高いと言われているのが大腸がんであり、原因を取り除くことが重要となっています。

大きな状態になると、全く便が出なくなったり、おならも出なくて不安になることがあります。これは末期の状態に近いので、明らかにおかしい時は診察を受けてください。酒やたばこが大きな原因とされており、これらを取り除くと抑えられることもあります。

大腸がんの検査を受けるためには、大腸に内視鏡を入れる必要があります。肛門から内視鏡を入れて確認し、ポリープなどが無いかをチェックしていきます。明らかにポリープと呼ばれるようなものがあれば、初期症状かどうかを判断して、可能であれば切除するようにしています。これが内視鏡検査です。

特に問題のないような状態なら、そのまま内視鏡を抜いて終わりになります。検査で何らかの異常が見つかった場合、内視鏡を入れて切除できるならそのまま切り、無理なら手術を受けることとなります。大腸がんが発覚するのも、内視鏡検査が多くなっているため、定期的に受けることが必要な検査となっています。

これによって、現在の大腸が分かるようになっています。この部分に異常が出来ているようなら、間違いなくポリープのようなものが大量にできていますので、検査の結果を踏まえて、切除するかどうかをゆだねることとなります。問題が無ければ良かったと思っていればいいです。