善玉菌&悪玉菌!腸内環境を整える大切さ

善玉菌と悪玉菌のイラスト

善玉菌には2種類あり、1つ目がビフィズス菌。そして、もう一つが乳酸菌になっています。まず、ビフィズス菌においては、整腸作用や免疫力アップに深い関係があると言われており、人間の体にとって大きな役割を示すものになっています。しかし、残念な事にこのビフィズス菌は、年齢を重ねる事に減少してしまう菌になっています。

赤ちゃんの頃には、腸内細菌の99%を占めるとも言われているビフィズス菌ですが、成人する頃には、10%ほどしか存在しないとも言われているのです。その為、減少していくビフィズス菌を食品などで摂取していく事も大切です。次に乳酸菌においては、善玉菌全体の0.1%以下しか存在しない菌となっています。

しかし、この少量でも人間の体にとって大きな役割を果たす菌となっていると言われています。また、乳酸菌の良いところは、食事などで摂取する事が簡単になっていると言うところです。ビフィズス菌とは違い胃酸などで死滅することなく、体内に摂取する事ができる為です。

その為、摂取が難しいビフィズス菌の補助役として大きな役割を示す乳酸菌になっています。乳酸菌をはじめ腸内環境の仕組みや大切さは以下のサイトに詳細に分かりやすくまとめられていますので、よろしければご覧ください。

参考サイト⇒おならの臭い改善LABO【乳酸菌サプリで臭いが消える!?】

■悪玉菌がなぜ悪いか

悪玉菌は、有毒物質を発生させる腸内細菌と言われており、大腸菌やクロストリジウムなどが代表的な悪玉菌となっています。悪玉菌は、大腸と直腸に生息している菌になっており、この悪玉菌が増える事で、腸内に腐敗物を溜めこむ性質があります。

その結果、便秘や下痢と言った症状を引き起こし、腸内環境を悪化させていく事になっていきます。また、悪玉菌は、免疫をも低下させていくと言われており、悪玉菌が増えていく事で、免疫力が下がり、病気をしやすい体になっていくと言う事が言えるのです。

悪玉菌が増えている目安として、便やおならが臭うといった事や倦怠感などが挙げれれ、そのような症状が現れて来た際は、積極的に善玉菌を摂取する事が大切になってくると言う事が言えるのです。

悪玉菌は、体に良い事などなく、出来るだけ、増やさない努力をする事が大切です。

■今話題の腸内フローラとは

お花畑
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

フローラとは、花畑と言う意味になっており、直訳すると腸内花畑になります。これは、人の体には腸内細菌が100兆匹以上あると言われ、それらが、腸内に存在する様子を花畑のようだと言う事から、腸内フローラと名付けられたと言われています。

これらの菌は、多種多様となっており、一人一人菌の種類も量も異なっていると言われています。そして、その腸内フローラは、人間にとって、重要な役割を示すと言う事で注目されているものになっているのです。腸は人間の体の中において、最大の免疫器官と言われています。

そんな腸にある腸内フローラを正常に整える事で、便などの完全だけではなく、免疫力アップなどを行う事ができ、結果的に病気になりにくい体を維持する事ができると言われているのです。その為、腸内フローラを整える事は、非常に重要な事だと言われているのです。


コメントを残す