善玉菌&悪玉菌!腸内環境を整える大切さ

善玉菌と悪玉菌のイラスト

善玉菌には2種類あり、1つ目がビフィズス菌。そして、もう一つが乳酸菌になっています。まず、ビフィズス菌においては、整腸作用や免疫力アップに深い関係があると言われており、人間の体にとって大きな役割を示すものになっています。しかし、残念な事にこのビフィズス菌は、年齢を重ねる事に減少してしまう菌になっています。

赤ちゃんの頃には、腸内細菌の99%を占めるとも言われているビフィズス菌ですが、成人する頃には、10%ほどしか存在しないとも言われているのです。その為、減少していくビフィズス菌を食品などで摂取していく事も大切です。次に乳酸菌においては、善玉菌全体の0.1%以下しか存在しない菌となっています。

しかし、この少量でも人間の体にとって大きな役割を果たす菌となっていると言われています。また、乳酸菌の良いところは、食事などで摂取する事が簡単になっていると言うところです。ビフィズス菌とは違い胃酸などで死滅することなく、体内に摂取する事ができる為です。

その為、摂取が難しいビフィズス菌の補助役として大きな役割を示す乳酸菌になっています。乳酸菌をはじめ腸内環境の仕組みや大切さは以下のサイトに詳細に分かりやすくまとめられていますので、よろしければご覧ください。

参考サイト⇒おならの臭い改善LABO【乳酸菌サプリで臭いが消える!?】

■悪玉菌がなぜ悪いか

悪玉菌は、有毒物質を発生させる腸内細菌と言われており、大腸菌やクロストリジウムなどが代表的な悪玉菌となっています。悪玉菌は、大腸と直腸に生息している菌になっており、この悪玉菌が増える事で、腸内に腐敗物を溜めこむ性質があります。

その結果、便秘や下痢と言った症状を引き起こし、腸内環境を悪化させていく事になっていきます。また、悪玉菌は、免疫をも低下させていくと言われており、悪玉菌が増えていく事で、免疫力が下がり、病気をしやすい体になっていくと言う事が言えるのです。

悪玉菌が増えている目安として、便やおならが臭うといった事や倦怠感などが挙げれれ、そのような症状が現れて来た際は、積極的に善玉菌を摂取する事が大切になってくると言う事が言えるのです。

悪玉菌は、体に良い事などなく、出来るだけ、増やさない努力をする事が大切です。

■今話題の腸内フローラとは

お花畑
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

フローラとは、花畑と言う意味になっており、直訳すると腸内花畑になります。これは、人の体には腸内細菌が100兆匹以上あると言われ、それらが、腸内に存在する様子を花畑のようだと言う事から、腸内フローラと名付けられたと言われています。

これらの菌は、多種多様となっており、一人一人菌の種類も量も異なっていると言われています。そして、その腸内フローラは、人間にとって、重要な役割を示すと言う事で注目されているものになっているのです。腸は人間の体の中において、最大の免疫器官と言われています。

そんな腸にある腸内フローラを正常に整える事で、便などの完全だけではなく、免疫力アップなどを行う事ができ、結果的に病気になりにくい体を維持する事ができると言われているのです。その為、腸内フローラを整える事は、非常に重要な事だと言われているのです。

乳酸菌はアレルギーに勝てる!花粉症・アトピーなど

乳酸菌たっぷりのヨーグルト

毎年春先になると世間を悩ませる花粉症。その花粉症の改善に乳酸菌サプリが効果があると話題になっています。ではまず花粉症とは何でしょうか。

それは人体の免疫機構が過剰反応することです。体内の異物を排出する為にある免疫ですが、この働きが異常になると花粉のような本来無害の物質にまで攻撃をしてしまうのです。

そして免疫が過剰反応してしまう大本の原因は、ヘルパーT細胞という二種のリンパ球。これが免疫機構にオンとオフの指令を出します。この指令はインターロイキンという伝達物質によって制御される仕組みになっています。

つまり治すべきはインターロイキンという伝達物質の過剰分泌。乳酸菌サプリが花粉症に効果があるというのは、このインターロイキンの分泌を正常なものに戻すということです。また薬物の投与のように無理に体の機能に抑制をかけるものではなく、根本的な体質改善という点が乳酸菌サプリの好まれるポイントです。

アトピー性皮膚炎というものは意外な事に腸内環境によって症状が左右されます。症状が酷い時は、すなわち腸内が荒れている時なのです。

では実際に体の中では何が起こっているのでしょうか。腸内環境が悪化した時を見てみると、内部では毒素を含んだガスの発生などが起こっています。そうして溜まったガスは腸壁から体内へと吸収され全身へ巡ることとなり、アトピー性皮膚炎を始めとする様々な症状の元となるのです。

この腸内環境を決定づける要素は二つ、善玉菌と悪玉菌の存在です。善玉菌が増えれば腸内環境は改善し、悪玉菌が増えれば悪化します。そして乳酸菌サプリは腸内を攻撃する毒素を発生させる悪玉菌を減らし、腸内環境を改善させる善玉菌の数を増やします。

■乳酸菌サプリの人気

そうして腸内環境を改善し便通も良くなれば、ガスなどの人体に良くない異物を体内に溜め込まずに済むのです。良い乳酸菌サプリを選ぶにはポイントが二つあり、これを満たす乳酸菌サプリは健康マニアの間でも人気を博しています。

そのポイントとは一つは内包する乳酸菌の数が多い事こと。もう一つは乳酸菌の力が強いことです。腸内の状態は刻々と変化し、それに適した菌ほど生き残れる確率が高くなります。その為総数を増やすか多少の変化でも生き残れる菌を選ぶのが重要になるのです。

例えば「乳酸菌革命」というサプリは、アシドフィルス菌、ブルガリクス菌、ガセリ菌などを始めとする複数の菌を含有しています。その数はなんと全部で十六種類。善玉菌の数とバリエーションを増やしたい方にオススメの逸品です。

また「ラクトフェリン+ラブレ」というサプリは、極めて耐酸性の強い菌のサプリとなっています。確実に生きた状態で菌を腸内に届けたい方にはコチラがオススメです。

ダイエットと腸内環境の関係・・・思った以上に密接

腸内環境とダイエットの関係は、とても強いものがあります。

腸内環境が悪い人がなるものとして、真っ先に思い浮かぶのが「便秘」です。便秘はダイエットの大敵であり、美容でもそうですよね。腸内環境が悪いと便秘だけではなく、下痢になる場合もあります。

腸内環境が悪いというのは、腸内の悪玉菌が善玉菌より優位になっていることを言いますが、悪玉菌が多い人の特徴は、食事に肉類が多いことが挙げられます。肉類は消化に時間がかかるので、腸内にとどまる時間も長くなります。そのうちに腸内で腐敗が進み、有害物質を出すなど腸内環境を悪化させるのです。

また、ワシントン大学の研究で「デブ菌」というものの存在が明らかになりました。ファーミキューテス菌がそれなのですが、この菌も腸内細菌の一つのグループなのです。反対に、バクテロイデーテスという「ヤセ菌」もあります。これらデブ菌とヤセ菌のバランスもダイエットには重要と考えられていて、どちらも腸内細菌ですから、腸内環境を整えることがダイエットにつながるわけです。

腸内環境がいいと自律神経にもいいといわれています。自律神経がよければ、腸内環境にもよいともいわれています。つまり、腸内環境と自律神経の関係は、どちらもお互いに作用しあっていて、重要な関係といえます。

体が健康であるためには、キレイな血液が、さらさらと全身を流れることが必要です。キレイな血液は腸で作られるといわれていて、腸内環境のバランスが整っていることが求められます。

逆に、その腸の動きをコントロールしているのは自律神経ですから、自律神経が正常でなければ、腸内環境も悪くなってしまいます。

また、自律神経失調症やうつ病などは、脳内のセロトニンが不足することが原因とされています。セロトニンを増やすためには乳酸菌がよいとされています。これは、乳酸菌が腸内環境を整える効果があるからです。セロトニンを増やすにはトリプトファンが必要ですが、トリプトファンを含む食材を摂っても、腸内環境が整っていないとセロトニンは生成されません。

このように、腸内環境と自律神経は、お互いに作用しあっていて、とても大きな関係があるのです。

便を深く知るー食べ物のカスではない?

<iframe width=”100%” height=”315″ src=”https://www.youtube.com/embed/t45o_sikENg” frameborder=”0″ allowfullscreen></iframe>

便に含まれるものは、ほとんどが水分です。ほとんどが水分と聞いても、すぐには信じられないと思いますが、便の60~70%が水分とされています。中には80%が水分としているものもありますが、便に含まれる水分が多ければ軟便や下痢、少なければ硬い便になります。

「便は食べ物のカスじゃないの?」

食べ物から必要な栄養を摂取したカスが便だと考えている人が多いのですが、食べ物のカスは5%ほどしかないといわれています。

水分が70%として、食べ物のカスが5%とすると、残りの25%は何なのでしょう。食べ物のカスの5倍もあります。

これは腸内細菌といわれています。さまざまな学説があり、まだ正確なところは定まっていないのですが、善玉菌(ビフィズス菌、乳酸菌など)や悪玉菌(大腸菌など)の生きている細菌と死んでいる細菌が、腸内には1,000種類以上いるといわれ、その数は数十兆~1,000兆個とされています。

また、腸壁にも無数の細胞があり、その細胞も新陳代謝で死んで剥がれてくることがあります。腸内細菌と腸壁の死んだ細胞なども便に含まれることになり、これらが残りの25%を占めているのです。一説では、腸内細菌と腸壁だけで1~1.5kgになることもあるそうです。

便秘の悪影響は、体のさまざまな部分に表れます。

便秘になると多くの人が感じるのは、「おなかの張り」ではないでしょうか。腸に便がたまっているのですから、おなかの内側から圧迫感があり、不快なだけではなく、腹痛になることもあります。

便秘の便を踏ん張って出そうとすることで痔になってしまう人もいます。固い便を出すときに切れてしまう人もいますね。

便が腸にたまっている時間が長くなりますから、硫化水素、アンモニア、メタン、活性酸素などの有害物質が発生し、それがおならになったり、さらに腹圧を高めて張りや腹痛を引き起こします。

これらの有害物質や毒素は便として排泄されるものですが、腸内で便の外に出ることで、再び腸壁から体内に吸収されることもあります。これが生活習慣病やガンを発生させる要因になるという説もあります。

腸内に住む腸内細菌にも便秘は悪影響を与え、クロストリジウムなどの悪玉菌を増殖させてしまいます。便秘は肌荒れやくすみ、肌トラブル、口臭、肩こり・偏頭痛などを引き起こすこともあり、肥満の原因の一つとも考えられています。

大腸がんは腸内環境とも大きく関わっている可能性

大腸がんは、大腸内にがん細胞が出来てしまい、ポリープが巨大化したような状態となったものです。初期症状がほとんど見られないのですが、便の様子がおかしくなったり、明らかに腸内出血が増えるようになり、おかしいと感じることが増えてきます。便を出しても出しきれないような気分も増えて、明らかに違和感を感じます。

がん細胞ですから、当然悪化すると他の部分にも影響が出てきて、転移が起こります。大腸がんから他の部分に転移して、全ての臓器が不全となって亡くなるケースも多くなっています。現代の死亡原因の中で、かなり高いと言われているのが大腸がんであり、原因を取り除くことが重要となっています。

大きな状態になると、全く便が出なくなったり、おならも出なくて不安になることがあります。これは末期の状態に近いので、明らかにおかしい時は診察を受けてください。酒やたばこが大きな原因とされており、これらを取り除くと抑えられることもあります。

大腸がんの検査を受けるためには、大腸に内視鏡を入れる必要があります。肛門から内視鏡を入れて確認し、ポリープなどが無いかをチェックしていきます。明らかにポリープと呼ばれるようなものがあれば、初期症状かどうかを判断して、可能であれば切除するようにしています。これが内視鏡検査です。

特に問題のないような状態なら、そのまま内視鏡を抜いて終わりになります。検査で何らかの異常が見つかった場合、内視鏡を入れて切除できるならそのまま切り、無理なら手術を受けることとなります。大腸がんが発覚するのも、内視鏡検査が多くなっているため、定期的に受けることが必要な検査となっています。

これによって、現在の大腸が分かるようになっています。この部分に異常が出来ているようなら、間違いなくポリープのようなものが大量にできていますので、検査の結果を踏まえて、切除するかどうかをゆだねることとなります。問題が無ければ良かったと思っていればいいです。